HOME>記事一覧>振袖で白は避けるべきじゃない!素敵に取り入れよう!

成人式の振袖に白を取り入れるといい理由

着物

成人式は式場に向かう際、どうしても外を歩かなければいけませんよね。中には振袖で白を選びたいけど、汚れてしまうのがどうしても心配で踏み出せない方もいるはずです。しかし、白い振袖ならではのメリットは見逃せません。まず、化粧映えするので健康的に見えるという利点があります。また、白は何物にも染まっていない、はじまりの色を示すので、成人式という門出にピッタリのカラーなのです。ぜひ物怖じせず、白を振袖に取り入れてみてはいかがでしょうか。

白メインの振袖

婦人

白のメインの振袖というのも、意外にたくさんあるものです。白がメインになっている振袖は、品が良く、また清楚に見えるのでおすすめです。差し色にパステルカラーなどの柔らかな色を使っている場合は、奥ゆかしい優しげのある女性の印象を得る事が出来ますよ。可愛らしくも美人な印象を目指す人は、白地の振袖を選ぶといいでしょう。

個性派はモノトーンの振袖もおすすめ

白地の和風な印象の振袖だけでなく、白と黒のモノトーンの現代的な振袖もおしゃれでモダンな印象を作る事が出来ますので、おすすめです。特に、総柄でも白に黒のみの色合いなら個性的かつ印象的ですし、ドット柄や千鳥格子柄を用いた振袖などもキュートな印象を作ることが出来ます。定番の白と赤も、イラストチックな花柄の振袖にし、小物にレース手袋などで洋装のテイストをプラスすると、周りとは少し違う振袖スタイルが完成します。

白が差し色の振袖で差をつける

白地ではなく、赤や青などの華やかな色に白が差し色として使われている振袖もインパクトがあり、素敵です。白地の振袖では得られないような印象を得る事が出来ます。中には、青一色のシンプルに見える振袖なのに、白を大きく差し色として使うことで個性的な雰囲気を醸し出している振袖もあります。また白地の振袖では、体系的に膨張して見える事がある、という人でも、濃い色ベースで白が差し色になっている振袖なら、逆にスタイルがよく見える事もあります。

広告募集中